TOPICS トピックス

2019.02.7
3月10日より 世界一を獲得した料理『舌平目のターバン仕立て』 のご案内

「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」では、シェフ 関谷健一朗が「第52回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール」にて日本人として34年ぶりに優勝の栄誉に輝いた事を記念し、コンクール受賞料理「舌平目のターバン仕立て」 を3月10日(日)~3月17日(日)の期間限定でご用意いたします。

コンクールジャポン審査委員長であり、日本人として史上初めて同コンクールで優勝した堀田大氏にも「全ての物が完ぺきだった」「大事なお客様にお出しする料理」と評価いただいた、シェフ 関谷の技を堪能いただける一皿です。
是非、この機会にお召し上がりください。

 

 

■提供日程 : 2019年3月10日(日)~3月17日(日)

■時間         :ディナー 18:00-21:00 最終入店時間 (21:30 L.O.)

■予約受付日:ご来店の前日まで

■会場 :ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション (港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F)

■内容        :国際料理コンクールで優勝を獲得した「舌平目のターバン仕立て」のご提供

■金額   :アラカルト ¥7,500(消費税込み・サービス料別)

■お申込み開始日:2019年2月8日(金) 午前11時より

■お申込み電話番号:ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 03-5772-7500 (受付時間 11:00~21:00)

■備考・注意事項 :甲殻類アレルギーをお持ちの方はご遠慮いただきますようお願いいたします。

 

 

<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナルとは
「<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)」は、世界的なシャンパーニュメゾン「テタンジェ社」が1967年に創設し、今年で52年の歴史を持つ由緒あるフランス料理の国際的な料理コンクールです。 フランス料理界の明日を担う39歳以下のシェフの登竜門といわれる本コンクールは、6ヵ国(本年度:フランス、日本、スイス、ベルギー、オランダ、イギリス)それぞれの優勝者で競われ、日本大会の優勝者である関谷健一朗が世界一の栄誉に輝きました。

 

 

 

コンクール・ジャポン審査委員長でありインターナショナルに国際審査委員として参加した堀田大氏のコメント
今年はいける。日本大会が終わった後実感として強く感じた。授賞式での関谷シェフの挙動を見て。シェフとしてお客様に対する責任感、オーラが素晴らしかった。 早めに渡仏し、フランスの空気を吸い留学時代を思い出し最高の状態で臨めたように思えた。前日のメイン食材が発表された時も他の選手に比べ落ち着いた状態で益々いけると確信した。インターナショナル・ファイナルテーマ 40cmX60cmの平らな皿に6人分盛りソースSaucièreで、課題ルセットと共に5時間で提出。 2週間前のテーマ発表では、Turban de la mer リングの中心にガルニを詰め、まわりに1種は自由なガルニチュール、ソースは1種別添えとの指示、メインの食材が前日発表され「舌平目」、Turban de la sole 全選手とも予想内だったと思う。関谷シェフのムースは帆立の甘みのあるムースでベースを作り3等分し、シャンピニオンデュクセル、オマールエビのコライユ、ベースのまゝの3種に香味つけし、ターバン型に層に詰めポシェしたもので3種の色合い、風味、味のバランスが良くとれていた。ソースもオマールエビをしっかりと炒め、引き締まった香りを出し、クリームで直に煮ることにより香りを取り込み、クリーム臭さ、味を飛ばしまろやかなソースに仕上がっていた。
ムースを食べるのに最高の仕上がり、バランスがぴったりと合っていた。全体のハーモニーがぴったりと合って楽しく食べられた。キュイッソンも全ての物が完ぺきだった。 関谷シェフの作品は大事なお客様にお出しする料理だった。 いつも言っているが、コンクールの為だけの料理はあり得ない。 審査員をレストランに来たお客様と思い、お客様が満足できる料理を作るべく、日ごろの積み上げた力と技術の発表の機会だと思ってチャレンジした参加者が、グラン・プリに選ばれると常に感じている。 無駄なことはしないで、「主品」をより良くする必然性のある材料の使い方、調理の仕方をした結果であった。