TOPICS

春の訪れを祝う”クレープの日”  クレ-プシュゼットのご案内

2021.1.29

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

春の訪れを祝う”クレープの日” クレ-プシュゼットのご案内

フランスでは2月2日に春の訪れを祝う伝統行事「シャンデレール(Chandeleur)」としてクレープを焼いて食べる習慣があります。
そのため、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションでは2月2日~9日の期間限定で、プリフィックスメニューのデザートとして、「クレープシュゼット」を特別にご用意いたします。

去年は1日限りの開催でしたが、大変ご好評をいただきましたため、今年は期間を延ばしご提供いたします。

クレープシュゼットと共に春のお祝いはいかがでしょうか。この機会にぜひご堪能ください。

「クレ-プシュゼット トリプルセックでフランベし タヒチ産バニラのグラスを添えて」

薄く手焼きをしたクレープをバターやオレンジ果汁などのソースと共に火にかけ、トリプルセックでフランベして仕上げた一皿。タヒチ産バニラアイスと共にお召し上がりください。

提供日

2021年2月2日~9日

時間

ランチ・ディナー

場所

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

価格

プリフィックスメニュー プラス料金 770円 
 ランチ  【3,500円 / 5,500円 / 9,200円】 
 ディナー 【5,300円 / 7,800円 / 9,500円 / 13,500円】
(税込・サービス料10%別)

*ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションはキッチン内で焼き上げたクレープを仕上げ、お席へお持ちいたします。

ご予約・お問い合わせ

03-5772-7500(受付時間 11:00~19:30)  

クレープの日「シャンデレール(Chandeleur)」とは

フランスでは、2月2日の「シャンデレール(Chandeleur)」と呼ばれる日にクレープを家族や友人たちと食べる習慣があります。
シャンデレールは聖燭祭とも言い、イエス・キリストが生後40日目に聖母マリアとともに神殿を訪れた日を祝う行事です。

なぜクレープを食べることになったのかは諸説ありますが、太陽のように黄色く真ん丸いクレープは、寒く厳しい冬の終わりを告げる象徴となったとも言われており、今日、 「シャンデレール(Chandeleur)は春の訪れを祝う日として親しまれています。

また、フランスの家庭ではこの日、クレープを焼く際、左手にコインを握りながら、右手でフライパンのクレープを高くあげてひっくり返すことで、その年の運勢を占います。うまく返すことができれば、幸運に恵まれた1年になると言われています。

SHOP LIST ご覧になりたいエリアを選択してください

EBISU
ROPPONGI
NIHOMBASHI
MARUNOUCHI
SHIBUYA
SHINJUKU
TORANOMON
ROPPONGI

六本木ヒルズ

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F

NIHOMBASHI

日本橋高島屋

東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋S.C. 本館2F

MARUNOUCHI

丸の内ブリックスクエア

東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1階

SHIBUYA

渋谷ヒカリエ ShinQs

東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F

TORANOMON

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 1F